最大45%の経費助成が受けられます。

   ドローンの助成金について

訓練開始日から起算して1か月前までに管轄ハローワークへ書類の提出が必要になります。 最大390,000円のコースで150,000円OFF!! 詳細は下記をご参照下さい。
  〇A(エース)社会保険労務士法人監修
「人材育成に活用できる助成金~人材開発支援助成金~」

こちらをクリックして下さい。


「設備投資に活用できる助成金~時間外労働等改善助成金・業務改善助成金~」
こちらをクリックして下さい。




〇厚生労働省 『人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇付与コース、特別育成訓練コース)』
詳細は厚生労働省のホームページをご参照ください。

人材開発支援助成金とは
「人材開発支援助成金」は、社員を段階的に育成する能力開発を効果的に促進する目的で運用されている制度です。社員の業務に関連した専門的な知識や技能を習得させるための教育訓練などを計画して実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の給与の一部を助成しています。

① 特定訓練コース
労働生産性向上を目的とした訓練、若手社員を対象とした訓練、OJTとOff-JTを組み合わせた訓練など効果が高い訓練について助成金が支給されます。

② 一般訓練コース
特定訓練コース以外の訓練を企業もしくは企業が所属する業界団体が実施する場合に助成されます。Off-JTで実施され、実施時間が20時間以上、セルフ・キャリアドック(注1)を規定していることが必要となります。
(注1)定期的なキャリアコンサルティング。社員の能力向上について定期的にコンサルティングの機会を設けることです。これは、労働協約、就業規則または事業内職業能力開発計画のいずれかに定めていること(明文化)が必要となります。



 
 

〇中小企業庁 『ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金』

中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資するための設備投資等の一部を支援するものとして、中小企業庁が行う経営サポート「ものづくり中小企業支援」の一環として交付されます。設備導入等に係る費用を最大1,000万円まで補助金を受けることが可能となり、実際、ドローンの導入についても適用される場合があります。
ものづくり補助金は申請すれば必ず貰えるものではなく、書類審査を通過しなければなりません。
採択されるような申請書の用意や、通常は購入金額の1/2の補助率を、2/3に引き上げる書類の作成の仕方もございます。
是非この機会に補助金制度を有効利用し、ドローンを活用して生産性を大きく向上させましょう。


 

〇農業用ドローン操縦士資格取得・ドローン購入補助について (京都府農業普及助成金)
『スマート農業及び農産物の流通・販売・農業ビジネス支援等に関すること(流通・ブランド戦略課関係)~スマート農林水産業実装チャレンジ事業~』
京都府では過疎高齢化の進む生産現場に、ドローンなどの先駆的なAI・ICT技術を導入することにより、農林水産業の生産性と品質・作業性の向上を目指しています。 そしてそういったスマート技術(機械等)の導入に取り組む生産者を支援するための助成金制度があります。

京都府ホームページ

トップページから > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都府の農業改良普及へお進みください。

詳細は京都府広域振興局中丹西農業改良普及センター/中丹東農業改良普及センターへお問い合わせください。

中丹西農業改良普及センター
〒620-0055 福知山市篠尾新町1丁目91番地
電話番号0773-22-4901
ファックス0773-23-8242
管轄地域 福知山市

中丹東農業改良普及センター
〒623-0012 綾部市川糸町丁畠10-2
電話番号0773-42-2255
ファックス0773-42-0191
管轄地域 綾部市・舞鶴市